北京語言大学交換留学生レポート

2014年度
体験記

Name S.I.

北京留学を通して

 約5カ月の北京語言大学での留学を終えて、他国留学では経験することの出来ない、たくさんの素晴らしく、独特な経験をすることが出来ました。北京語言大学で授業を受け、たくさんの人と出会い、多くのことを自分の目で見て感じることで、自分の考え方が変わり、人生が変わり、世界が変わりました。

中国語教育で一流の大学として知られている北京語言大学での授業形態や授業内容はとても変わっていて、毎日とても楽しく授業を受けることができ、中国語が上達しました。私が受けた授業は1年生の初級のクラスで、毎日午前中4コマ、中国語の授業がすべて中国語で行われました。授業の種類は総合、スピーキング、リスニング、リーディングの4つの授業です。メインの授業である総合の授業では文法や教科書の内容に沿った中国の文化などを主に勉強します。先生が中国の文化を紹介し、そのあとに私達生徒に自国や自国の文化について紹介させます。北京語言大学にはたくさんの国からの留学生がいて、私のクラスにはウズベキスタンやパキスタン、トルクメニスタン、ロシア、イラン、スペイン、ミャンマー、タイ、韓国、日本、南アフリカ、コンゴと12カ国からの留学生がいました。そのため、中国を含む13カ国の馴染みのある国から今まで名前も聞いたことのなかった国のことを知ることが出来ました。12カ国の人達と一緒に授業を受ける経験など、めったにないことだと思うので、本当に良い勉強になり、良い経験をすることが出来たと思います。

上でも述べたように、クラスには12カ国から20人の留学生がいました。また、クラスが変わることはなかったので、毎日同じメンバーで授業を受けていました。私はなぜか自分のレベルより明らかに高いレベルのクラスに入ってしまい、クラスメイト達は普段の日常会話は問題ないくらいのレベルでした。私がクラスで一番中国語が出来なくて、自分の言いたいことも言えなければ、相手が何を言っているのかもわからず、悔しい思いをしたことが何度もありました。ですが、クラスメイト達はそんな私にとても優しくしてくれ、熱心に中国語を教えてくれました。休み時間に話しかけてくれ、授業中には、私が内容をわかっていない顔をしていると、隣や前に座っているクラスメイト達が教えてくれました。そんな彼らのおかげで、だんだんと中国語が理解できるようになり、自分の言いたいことも言えるようになりました。最後のほうには、政治などの難しい話から恋愛の話まで、いろんなことを話しました。そんな成長にクラスメイト達も喜んでくれ、良いクラスメイトを持ったなと思いました。

この北京留学で、中国の文化にもたくさん触れてきました。北京市内にはたくさんの中国文化や歴史を見て感じられる場所があります。万里の長城や天安門、故宮などの世界遺産や歴史的建造物を訪れ、その歴史を感じました。また、王府井と呼ばれる屋台が立ち並ぶ場所では、中国の伝統的な食べ物を食べました。中国と言えば中華料理で、北京と言えば北京ダックなど、たくさん郷土料理をたべました。ですが、私はせっかく北京に来たということで、サソリやヒトデを食べたりもしました。私が一番驚きつつも好きだったのは中国での買い物です。北京にはたくさん買い物するところがあり、そこで、学んだのは値切るということです。日本では値切ることなどほぼ無いので、最初のほうは抵抗がありました。ですが、値切らなければ自分が損をしてしまうので、値切らざるをえません。経験を積めば、どのお店なら安くしてくれるなど目利きまで出来るようになり、北京での買い物はとても楽しかったです。日本よりも長い歴史を持つものを見て、日本では食べることの出来ない一風変わった食べ物を食べ、日本と違う買い物の仕方をし、北京でした経験はとても新鮮で、おもしろかったです。

他のどの大学でもなく、北京語言大学に留学することによって、中国語の上達だけでなく、中国人学生やいろいろな国の留学生と関わりを持つことができ、中国の文化だけでなくさまざまな国の文化も知ることができました。このような貴重な体験はここ北京語言大学でしか経験できないことなのではないかと思います。この大学で過ごした一日一日はとても楽しく、経験した一つ一つのことは全部が忘れることのできない、かけがえのない経験になりました。中国に、北京語言大学に留学できて良かったです。


Back