北京語言大学交換留学生レポート

2012年度
近況レポート

Name M.A.

北京語言大学での留学生活

9月から北京にある北京語言大学での交換留学が始まりました。私は去年夏休みの一ヶ月のプログラムに参加したので、語言大学のことや寮の生活については多少知っていました。交換留学では本科生に混じって授業を受けるということで夏のプログラムとどのように違うのか楽しみでした。  

クラスが始まる前に口頭でのテストをしました。テストをしてどの学年のクラスに入るか振り分けられます。私は一年級下になりました。クラスは口語、閲読、作文、聴力、総合のクラスに分かれています。それぞれ担任の先生も異なります。クラスは毎日8時30分から12時30分までの四時間と、週に一度2時から4時の選択科目のクラスがあります。私は朗読と正音というクラスととりました。発音のクラスです。  

クラスには色々な国籍の人がいます。日本、韓国、アメリカ、ロシア、カザフスタン、インドネシア、トルコ、オーストリアなど。クラスの休み時間はクラスメイトと中国語で話すこともありますが、英語を使うことも多々あります。  

初めのころは休み時間も少しぎこちない空気でしたが、今は毎時間笑いが絶えません。授業中もとても和気あいあいとした雰囲気です。私のクラスメイトはみんな本当にいい人ばかりです。  

クラスが終わったら、クラスメイトと昼食をとります。そのあと部屋に戻って少し休憩します。次のクラスまで勉強したりインターネットをしたり、自由に過ごします。私は別の学校でクラスととっていたので夕方まで別の学校でクラスを受けます。6時に授業を終えて帰宅します。夜はひとりで部屋でご飯を食べることもあれば、クラスメイトなど友達を外食することもあります。夜は予習、復習、ホームワークを終えて、自由に過ごします。外出したり、友達の部屋でしゃべったり、映画を観たり。  

寮での生活は以前経験したことがあったので、新鮮味はありませんでした。ルームメイトは韓国人です。とても真面目な子で優しいです。夜寝る前に色々な話をよくします。ストレスなども感じずとても快適に過ごしています。人によってはルームメイトが友達を連れてきていつも騒がれる、などのケースも少なくないので、私はついているなと思います。  

週末はみんなで近くのBarにいってお酒を飲むのが定番です。日曜日は基本的にでかけずに、月曜日からの授業にそなえて、勉強して早めに休みます。週末に国内に旅行に行くことも時々あります。  

最近は別の学校でもクラスをとっていて、HSKという試験に向け勉強中なのでとても忙しいです。寝る時間が三日間くらい全然とれなかったこともあります。毎日毎日時間が経つのが早くて驚きます。毎日とても充実しています。  

先日週末に友達と天津に遊びに行きました。彼らは同じ大学の友達ではありませんが、毎週一緒に過ごします。一人は中国人ですが、その他は北京大学の学生でアメリカ人です。日常会話は基本的に英語なので、英語も少しは鍛えられたかと思います。天津へのショートトリップはとても楽しかったです。

Name A.K.

北京語言大学 交換留学 2012

私は9月から中国・北京にある、北京語言大学に半年間の交換留学生として派遣されています。去年の夏休みにも同大学に1か月間短期留学をしていたため、2度目の北京語言大学です。なぜ、今年も参加したのかというと、純粋に去年が楽しかったからです。そのため、今年は半年の交換留学に参加をしてみました。

今年は、夏の短期班には参加せず、9月から参加したため、日本からの出発は8月末でした。1人で日本を出発し北京首都空港からも1人で大学まで向かいました。リピーターであるため、大学の周辺のことは把握しています。そのため、問題なく向かうことができました。到着し、入学手続きや授業が始まるまで時間があったため、身の回りを整えるために買い物に出かけたりしていました。大学の周りはもちろん、去年訪れた場所は少し綺麗になったぐらいで、良い意味で大きな変化は無くとても懐かしい気持ちになりました。

しかし、新学期の開始が近づくと大学構内の雰囲気が夏の1か月と雰囲気が変わりました。そして授業が始まると、短期班とは違い、クラスメイトには、私と同様の交換留学生もいれば1〜2年間留学の生徒そして、4年間の本科生がいたりと様々です。正直、夏の1か月は授業中も全体的に緩く、教科書もゆっくり進んでいました。しかし、新学期は違いました。授業の進むスピードも速く内容も多いです。50分授業にも関わらず、文京での中国語の授業より、1回1回の授業内容が濃いと感じています。宿題も毎日多く、予習復習が欠かせません。基本的には、8時30分に授業が始まり12時30分に終了です。午後は何もありません。そのため、宿題をしたり、予習をしたり遊びに行ったり・・・とあっという間に1日は終わります。去年と同様に滞在している17楼の寮にあるカフェは、遅くまで勉強している人で常に溢れています。クラスメイトを始め、友人達の中には、半年しか勉強していない人、4年間勉強している人がいたりと様々ですが、どちらにせよ、みんな学習への意欲が高く私も掻き立てられます。夏の1か月間は遊んでいたなと改めて実感しました。そして、去年と同様に自分の未熟さを痛感しています。

ルームメイトはタイ人の19歳の女の子で、とても優しい子です。彼女は私より中国語ができるため、私たちはいつも中国語で会話しています。彼女の友人(タイ人)とも中国語で会話しています。生活の中での基本的な日常会話は問題ありませんが、まだまだ話せない、聞き取れない時があり悔しい思いもしています。そのため、中国人のランゲージパートナーに中国語を教えてもらっています。

リピーターと言いこともあり生活には問題ありません。今年は、もう一度行っておきたい所、まだ行っていない観光地などへ行きたいとも思っています。

残りの半分は長いようであっという間です。一瞬一瞬、一期一会を大切に、ここで勉強している意味を見失わないように残りの生活を過ごしていきたいです。



北京語言大学50周年記念式典

Name F.I.
半年の留学が半分過ぎて、北京にはもう慣れたころ、9月29日から10月7日までの少し長い休みがありました。私はこっちで仲良くなった友達と韓国旅行に行きました。短期の1か月に仲良くなった韓国人の友達が案内してくれると言ったので、私たちの旅行はとてもスムーズで充実していました。私たちは10月3日まで韓国で遊びました!一日目は遅い便の飛行機だったので韓国に着いたらそのまま、その韓国の友達の家に泊まりました。次の日はもう一人の韓国の友達がソウル・明洞に案内してくれました!


ソウルタワーの上までのぼりました!!韓国旅行は本当に北京語言大学で仲良くなった友達に助けてもらいました!今でも連絡を取っています! 韓国から帰ってきて私の友達は天津に行き、私は重慶にそのまま飛行機で観光しに行きました。重慶の天気はあまりよくなく、毎日雨でした・・。  重慶にいる友達がいろいろ案内してくれました!重慶の食べ物はとてもおいしく、特に有名な火鍋はとてもおいしかったです!!あっという間の休み期間でした!10月31日には中間テストがあるので、準備しています!!

Back