ラ・トローブ・メルボルン(AU)長期一般派遣留学生レポート

2014年度
2nd Term

-2014年8月から2015年2月まで長期留学していた、K.Y.さん・C.K.さん・Y.N.さんからのレポートです。
イニシャルをクリックすると該当するレポートにジャンプします。

Name: K.Y.

オーストラリアでの生活

メルボルンでの生活も早いもので残り1か月ほどとなりました。3週間の休暇中には1週間シドニーとゴールドコーストへ旅行に行き、ゴールドコーストの海を満喫し、シドニーで迫力の花火で年明けを迎えました。今回のレポートでは、目標と達成度、人々との交流、また自分に起こった変化について書きたいと思います。

まず、私の目標であった英語力を上げる、海外の生活を通して日本を知る機会にするという目標に関しては、半分くらいは達成できているのではないかと思います。英語は完璧に話せるということには程遠いですが、日常会話では困らないレベルになったと思います。何よりも、英語を「知っている」だけでなく、「使える」という自信がつきました。また、はじめは日本語を使っていてはだめだ!と頑なに思うこともありましたが、同じように海外で生活し、一緒に頑張っていく仲間との会話でも学ぶことは多く、必要なことだと感じました。完璧ではない英語でも、1人より2人のほうが会話力、単語力、リスニング力など、助け合いながら話すこともできます。こちらに来て特に成長したと感じる部分は、単語力と会話力です。日常で使う単語を聞いたり、また自分で使ったりすることで、以前よりも話したいことを伝えられるようになったと感じます。また、ホームステイ先やクラスの生徒との会話や、生活のすべてを通し、日本っていいな、この部分はオーストラリアのほうがいいな、と思うことが多々あり、日本を知る機会という意味では大成功だと思います。思った以上に日本は好かれている(漫画、アニメ、観光、人などの面で)ということが知れたこともいい発見でした。

人々との交流に関しては、英語力よりも積極的に行動すること、またこれまでの経験を通して、多くの交流を得られたと思います。ホームステイ先では他の生徒やホストマザーと犬の散歩をしながら、またテレビを見ながら会話をする機会が多くありました。最初は英語が理解できず、ほとんど何を話しているかわからないし、自分も何も言えないので、自分の部屋にいたいと思っていましたが、なるべくリビングに行ったり、犬の散歩に行ったりするようにしていたら、だんだんと会話の意味も分かり、言いたいことも言えるようになってきました。とくに犬の散歩中はリラックスして会話を楽しんでいます。また、大学でずっとやっていたチアリーディングを通し、他大学の学生と交流を持つことが出来、オーストラリアでチアリーディングの大会に出場するという、思ってもみなかった経験が出来ました。

最後に自分に起こった変化について書きたいと思います。留学前に考えていた変化としては、考えの幅が広がる、英語が話せるようになる、という抽象的なものでしたが、今感じる変化としては、自信をもって英語を使えるようになったこと、とりあえずやってみれば大体のことはできると確信したことに加え、海外で公共の交通機関を難なく使えるようになった、以前より人見知りが治ったことなどです。

3か月を過ぎたころには早く日本に帰りたいという気持ちが強かったですが、残り少しと考えるとホストや友達、犬とのお別れが近づいていてさみしいです。あと1ターム、一生懸命頑張りたいと思います。


       シドニーの街を散策中に偶然見つけた景色

Name: C.K.

近況報告レポート(2)

・ 目標とその達成度について
わたしがメルボルンに来る前に立てた目標は「様々な人々とコミュニケーションをとる」ことでしたが、その目標は達成出来たと思います。先生、クラスメイト、友人達はもちろんですが,バスの運転手さんや、警備員の人はいつも優しく、カフェ、レストラン、買い物に行った先の店員さんがまず「How’s it going?」と話しかけてくれるのです。そこから天気の話を持ちかけてみたり、欲しい物が何かを話したり、どこに何があるかも尋ねる事が出来ました。また、日本人だと分かると日本の話題を振ってくれ、話題を広げてくれる人もいました。
 また休暇中にゴールドコーストとシドニーへ旅行に出かけたのですが、タクシーばかりを使うのではなく、地元のバスや電車を使い、様々な観光名所や有名な食べ物を食べに行く事が出来ました。やはり慣れたメルボルンとは違うので、電車やバスに乗る際に新しく電子カードを作らなければならなかったり、また、乗車チケットの買い方やバス停のある場所などを尋ねるために近くにいる人や駅員さん、バスの運転手さんとメルボルン以外の場所でも会話をする事が出来ました。オーストラリアに住む人たちは本当に親切で、色々な話をたくさんしてくれます。メルボルンで生活していると滅多に乗ることは無いのですが、旅行先でタクシーに乗った際には運転手さんとの会話も楽しむことが出来ました。

・ 人々との交流について
先ほども述べたように現地の人々とも会話をすることができましたが、クラスの人たちとは特に仲良く過ごしています。タームが終了するごとにクラス替えがあるのですが、レベルがあがり、先生が変わるだけで、クラスのメンバーは他のクラスに自ら変更を希望しない限りほとんど変わりません。クラス内でもペアワーク、グループワーク、ディスカッションがあり、近況レポート1でも述べたように最後の週に先生がどこかに連れて行ってくれるので、それによってさらに仲が深まっているのだと思います。授業外でも一緒にシティに遊びに行ったり、旅行をしたりもしました。

ホームステイ先ではホストマザーとの二人暮らしでした。彼女は毎日仕事で日中は家におらず、とても忙しそうにしていました。しかし朝は同じ時間に家を出るので近くの駅まで車で送ってもらっていました。その車の中での会話や、夕食の支度をしている時など短い時間でしたが一緒に過ごせる時間を大切に過ごしました。休日にはホストマザーの息子や孫、またはホストマザーの友人たちが家に来ることが度々あったので、そこでも会話を楽しめました。
語学学校ではなく、ラトローブ大学に通う人たちとも交流する機会を得、大学が長期休暇に入ったのにもかかわらず、学校に来た時には声をかけてくれたり、遊びに誘ってくれたり、パーティーにも招待してくれたりしました。日本に興味を持ってくれている子に日本の習慣などについて英語で説明したりしました。日本についてもっと知っていたら良かったなあと思いました。現地の人達との交流を通して、母国の文化理解の大切さを知り、どんな機会も無駄にしてはいけないなと感じました。 

・ 自分に起こった変化について
この留学もあと約1ヶ月となりました。自分に起こった変化はやはり、英語に対する自信がついたことです。分からないことだらけの生活の中で、自分だけでは解決出来ないことだらけの中で生活することによって、ほかの人の力を借りながら成長出来たのだと思います。留学生だけで旅行をし、バックパッカーのホテルや、公共機関を使ってどこかに出かけることが出来たのも、また自信につながりました。英語だらけの生活の中で、英語を話す恥ずかしさというものが明らかに減ったと思います。英語を使うこともそうですが、色々な所へ怖がらずに行けるようになりました。そのおかげでお気に入りのカフェを見つけたり、素敵な公園や、パンフレットには載っていない景色を見ることが出来ました。


      電車とトラムを乗り継いでたどり着いたお店
             

Name:Y.N.

オーストラリア留学

私がオーストラリアに留学しに来てから、もうすぐ5ヶ月が経過しようとしている。この短い期間で多くのことを体験し、学んできた。今回は、私が留学前に掲げた目標、現地での人々との交流、自分に起きた変化について書きたいと思う。

私が留学前に掲げた目標は、毎日欠かさず勉強することと、少しでも英語の会話を多くすることであった。毎日勉強することは当たり前のことだが、習慣がついていなかった私にとっては、簡単なことではなかった。しかし、留学は勉強の習慣をつけるための良い機会だととらえ、欠かさず単語練習と問題集を行った。初めは、勉強するのが苦だったが、徐々に勉強する習慣がついて苦と感じなくなっていった。また、日々文法の復習をしていた甲斐もあり、クラスのテストの文法は成績が良かった。毎日勉強するという目標は達成できたと思うし、これから先も続けていきたい。もうひとつの、少しでも多く英会話の機会を作るという目標は、まだ達成できていない。日本語を使わないで英語のみを話すことが一番大切だとわかっていても、日本人と一緒にいるときに、たまに日本語を話してしまっていた。あと少ししかないが、残りの留学生活は日本語を一切使わないで生活していきたい。

人々との交流から学ぶことは多かった。毎日の授業では席は決まっていないので、様々な国の人の隣に座って授業を受けることができた。発音も国や人によって様々で、リスニングの勉強にもなるし、文化も学ぶことができた。また、学期の最後には、クラスでバーベキューや博物館などに出かける機会もあるので、クラスメイトとの仲をさらに深めることができた。週末には、友人と運動や買い物に行くことが多かった。ホストマザーとの交流は高齢ということもあり、一緒に出掛ける機会はなかったが、テレビを見ながらの会話や、一緒に日本食を作る機会は多くあった。私のホストマザーは日本のことが好きだったため、日本のニュースについて多く聞かれた。その時、自分が日本について無知だと改めて実感したし、日本について知識を深めないといけないと思った。

この留学を通して自分に起こった変化は、大きく分けて3つある。1つ目は英語力が伸びたことだ。オーストラリアで生活しているともちろん英語で会話するので、日々の生活そのもの全てが英語の練習だった。留学に来て初めのころは聞き取りづらかったオーストラリアの英語も、今では聞き取れるようになった。また、学校では習わないようなスラングも、生活の中で学んだ。自分の課題を見つけることもできたので、日本へ帰っても努力を続けて克服しなければいけないと思った。

2つ目の変化は、人間的に成長できたことだ。国籍や文化の違う人と生活をしていくので、自分と違う価値観や考えを持っている人によく出会った。自分では常識と思っていたことも文化が違えば考えも違うので、自分とは違う考えを多く知ることができ、いろいろな視点から物事を考えられるようになった。

3つ目の変化は、自分に足りないものを発見できたことである。日本にいた時より留学している時のほうが自分の時間が多いので、自分に不足していることや、将来について考える時間が多かったからだ。自分と向き合う時間は、留学しているからこそ作ることができたと思うので、英語力の変化と同じくらい大切な変化だと思う。
留学を通して、英語と英語以外のことも学んだ。留学前の自分とは語学も心も成長できたと思う。日数は少ないが、残りの留学を自分にとって有意義なものにしたい。


Back