ラ・トローブ・メルボルン(AU)長期一般派遣留学生レポート

2013年度
2nd Term

-2013年8月下旬から2014年2月中旬まで長期留学している、H.I.さん・R.I.さん・A.K.さん・H.M.さんからのレポートです。-
イニシャルをクリックすると該当するレポートにジャンプします。

Name: H.I.

近況レポート②

 残すもあと1ターム約一ヶ月ばかりになりました。時の流れの速さをとても感じています。

新年という区切りのためか、何名かの友達は自分の国にそれぞれ帰国してしまいました。さみしいといった感情もありましたが、時の流れの速さも同じように感じました。別れがあれば出会いがあるのもしかり、私のホームステイ先にも新しい入居者がきました。初日の緊張している様子、バスの乗り方が分からずあたふたする姿をみて妙に懐かしい気持ちになったりもしました。

3ヶ月くらい経った頃、気づいたのは人の英語の上達のはやさの違いです。考えてみれば当たり前の話ですが、あたりかまわず喋ってみる人と、頭でしっかりと考えてからしゃべるために、喋る回数の少ない人ではやはりあたりかまわず喋る人のほうが上達します。また、英字幕があるものとないものだと、進歩するものが違うことにも気づきました。やはり意味を理解して楽しく見つつ、普段の会話につかえる文を習得するのなら、字幕があったほうがよいのですが、リスニングを本気であげたいと考えるなら字幕がない方がいいように感じます。あと、本の音読の大切さにも気付きました。これは日本にいる人でも、しかも文京学院の外国語学部の人ならば、宿題を通してできることなので、私もそうだったのですが、適当に取り繕うというのは英語の上達という意味では一番いけないことだなと感じました。

ホームステイでの生活にも慣れ、最初は慣れないことも今では軽々とできるようになり、ホームステイをしているものの半分一人暮らしをしているような感覚でやっています。語学に関しても少しは進歩したかな?と思える瞬間があり、そういう時はとても楽しいです。

冬休みに入り、タスマニアへ旅行に行きました。メルボルンは蠅の多い地方なのですが、タスマニアは比較的蠅の少ない土地でした。大きな島ですが、自然に囲まれた豊かな土地です。初めて自分ひとりで行うことも多く、中でも初めてバックパッカーのホテルにとまり、初めてあう人と一緒に部屋を共に会話を楽しんだり寝たりするのは私の中でとても良い経験となりました。5日間の旅で初日以外は二人旅で英語のガイドさんが付いたバスツアーであっという間だったのですが、とても濃い充実した旅となりました。
タスマニアのあとにはクリスマスがやってきました。私の家ではクリスマスはとても豪華にやり、早いところでは11月には飾りつけを終えている家もあります。さすがクリスチャンの多い国だなという実感があります。町によっては道路の標識などについている拡声器でクリスマスシーズンの間 曲を流しているところもあり、日本とは違うクリスマスを経験できました。クリスマスの間はクリスチャンの家に住んでいる私の家では忙しく、毎日たくさんの料理をつくりました。七面鳥やチキンを丸焼きにしたものをその間食べていたため正月太りならぬクリスマス太りをしてしまいました。クリスマスが終わるとどこもバーゲンを行うため、26日から多くの人が買い物にでかけます。土地が広い分大きなショッピングセンターがいくつもあり、その一つに行ったのですが、無印良品を見つけて感動した覚えがあります。1万円を超えるバックが床にごろっと転がっているのを見たあとに、すぐに商品をきれいに戻す無印良品の社員さんをみて、こういう丁寧さが日本らしいところで、そういう日本ってやっぱりいいなと思いました。

4ヶ月も過ぎればだんだん日本の味が恋しくなり、日本のスーパーマーケットに行きました。日本人だけが働いているという環境は久しかったため、とても懐かしかったです。年越しそばやお雑煮も食べ、シティまで花火を見に行きました。想像していたよりも小規模のものでしたが、日本とは違った種類の花火があり、とても興味深かったです。新年初日はどの店もバスも動いていなく福袋のような文化もありません。長い3週間の休みでしたが、長いような短いようなものでした。
残りの約1ヶ月をどのように過ごすかと言われると私にもまだわかりませんがここに来てよかったときちんと思えるような留学生活を送りたいです。


旅行で訪れたタスマニアの写真

Name: R.I.

残り一か月

 メルボルンに来て約4カ月が経ちました。来た時は、日本の冬と変わらないくらい寒かったのですがいまはようやく夏が来て暑くなってきました。今回は、クラスの事と夏休み休暇について書きたいと思います。まず、はじめにクラスについてお話します。クラスはターム終りにしたテストをもとに自分のレベルが上がり、クラスが分かれていきます。前回の私のクラスはレベル5と4合同のクラスだったので、4の私にはとても難しいクラスになりました。先生もレベル5に合わせて授業を進めていくので、初めのうちは発言することはできず、わからない単語を辞書で調べるので精いっぱいでした。しかし、先生もクラスメイトもいい人たちばかりでわからないことがあれば分かるまで説明してくれて授業についていくことができました。また、授業内容は教科書だけではなくロールプレイゲームや遠足などを通して勉強していたので、退屈することはなく積極的に楽しく取り組むことができました。そして、この時期はちょうどクリスマスと重なっていたので学校で開かれたクリスマスパーティーでクラスのみんなで歌を披露しました。複数で歌って披露するのは中学生ぶりだったので恥ずかしさもありましたが、みんなで準備したりとコミュニケーションが取れる時間が多かったのでとてもいい思い出です。毎回テストが終わった次の週でテスト終わりパーティーをクラスでやったりします。今回は、学校近くの公園でみんなでピクニックをやりました。各国の食べ物を持ち寄って、話したりダンスしたりと楽しい時間を過ごしました。

 次に夏休み休暇について話したいと思います。夏休みは、約3週間ありました。最初の週は、日本人の友達と2人でタスマニアへ4泊5日の旅行へ行きました。初めてバックパッカーで旅行をしたのでどきどきでしたがとても充実した楽しい旅行でした。ホバートからロンセストンに向かう旅だったのでホテルを探したり、ツアーを探したりと準備がとても大変でした。英語のサイトからツアーを予約するのも初めてで、ちゃんとしているのか言葉が通じるのかなど不安もありましたが、参加して良かったなと思っています。タスマニアは自然豊かな島で、ツアーも海へ入ったり、山歩きをしたり、動物と触れ合うなどアクティブでした。このツアーで1番良かったことは、いろんな国の人に毎日会えることでした。バックパッカーのホテルで出会ったりツアーを通して仲良くなれたり、短い間でしたが色々なひとに出会えたのはとても幸せでした。ハードでしたが、また機会があったらバックパッカーで旅行したいと思いました。クリスマスとニューイヤーはメルボルンで過ごしました。クリスマスは、友達の家のパーティーに参加させてもらいました。たくさん食べて、プレゼントを頂いたりと楽しい時間を過ごしました。ニューイヤーは、友達の家に集まりみんなでシティーの花火を見ながら年越しをしました。花火は一か所から上がるのではなく、高いビルから点々と花火が上がっていました。人も多く初めて日本以外の場所で年越しをしたので、とてもいい思い出になりました。
残り1か月になってしまいましたが、残りの時間を無駄にせず楽しく充実した時間を過ごしたいと思います。


タスマニア

Name: A.K.

近況報告レポート②

 こちらで過ごせる日数も残りわずかとなってきました。気候はすっかり暖かくなり日没も9時近くの為、外出する機会も増えてきました。今回のレポートでは主に学校生活とクリスマス休暇について書いてゆきたいと思います。

 まず、学校生活の面では順調にクラスのレベルが4Aまで進み毎回出されるライティング課題やプレゼンテーションの要領が次第に分かってきました。今回のクラスは生徒数の関係でレベル5との合同でした。レベル5の生徒たちは次回からこちらの大学やより学術的なことを学ぶクラスに進学する生徒たちばかり集まっているのでネイティヴ並に英語を話し、自己主張も日本人より激しいです。それなので私にとって授業についていくのがとても困難で何度も課題を投げ出したくなりました。ですが最終的に休暇に入る前にレベル4Aを修了することができました。学力の面では彼らと日本人の生徒たちでは差がありましたが、彼らは私たちを卑下することはなく、とても良い雰囲気のクラスでしたので校外学習、クラス全体のピクニックやクリスマスパーティーをとても楽しむことができました。

 休暇中の出来事はたくさんありますが、特にこちらで過ごしたクリスマスと年越しはとても新鮮でした。私は日本でクリスマスを盛大にお祝いしたことがなかったのでクリスマスの買い出しやクリスマスに親戚みんなで集まってプレゼント交換や食事をすることに驚きました。クリスマスが終わった後もクリスマスの余韻が色濃く至る所に残っており日本と全く違いました。大晦日は友だちとシティーに行きカウントダウンの後の花火を見ました。元旦に家に帰った際、家族と「明けましておめでとう」と挨拶を交わしただけであとは普段通り過ごしていたので不思議な気持ちがしたのと日本のお正月が恋しくなりました。どちらも日本とは全く違う過ごし方でとても良い異文化体験だったと思います。また、私は休暇中に英語の勉強以外でやりたいことが2つあり、最近それらを果たすことができました。1つは家族に和食を振る舞うことでした。日本の両親から食材を送ってもらい簡単な煮物などを作りました。レシピや箸の正しい使い方を教えるのに苦戦しましたが、和食を作る際に使う特有の調味料や野菜の飾り切りを絶賛してくれたのと何よりも美味しいと言ってもらえたことが嬉しかったです。2つめは、ブリスベンに行くことでした。私は高校の時に2週間ほどそこでホームスティをしたことがあり、お世話になった家族に再会したいと兼ねてから思っていました。そこでこの長い休暇を利用し5日間ほど以前のホストファミリーの家に滞在することができました。家族から以前よりも積極的に話すようになったと言われたので私の英語が上達したなと実感することができて嬉しかったです。家族でホームスティしていた時の出来事を懐かしみ、思い出の詰まった場所に連れて行ってもらったりしてとても楽しく充実した日々を過ごすことができました。この休暇中にたくさんの人に出会ったので残りわずかなオーストラリア生活を考えるととても寂しい気持ちになります。

 そしてこの休暇が終わると最後のタームが始まります。5週間は長いようであっという間です。レベル4の修了証を受け取ることが出来るようにきちんと勉学に励み1日1日を大切に過ごしてゆきたいです。


Name: H.M.

オーストラリア生活4ヶ月レポート

 オーストラリアでの生活も4ヶ月が経過しました。季節は秋から夏になり、週末にはビーチへ行くという楽しみが、また1つ増えました。メルボルンで1番人気のあるビーチはシティーから30分ほど離れたところにあり、多くの人が日光浴をしていて、とてもにぎわっています。他にも綺麗なビーチがたくさんありメルボルンの魅力をさらに感じました。

学校の授業は5週間ごとに進級テストがあり、私は最初のクラス替えで、オーストラリアの大学に進学する人たちのクラスに入りました。前までは英会話を中心とした内容で、日常でも役立つような英語を学んでいました。授業のスタイルはCommunicative EnglishとReadingをミックスしたような感じでした。しかし新しいクラスではたくさん議論をし、英文を書くというような、少し難しい内容になりました。アカデミックな単語がたくさん出てきて、毎日電子辞書が大活躍しています。そして新しいクラスメイトの国籍は様々で、ブラジル•イラク•サウジアラビア•ベトナム•中国から来た人たちなど、12ヶ国の国籍の人たちがいます。お昼休みと放課後は宿題があり、大変だけれども、充実感があり、日本語をほとんど話さない生活環境に満足しています。仲の良い友達はほとんどがブラジル人で、ポルトガル語の勉強もし始めました。もともと大学でスペイン語を中級まで勉強していたことから、スペイン語に似ているポルトガル語を習得するのに、スペイン語の文法などの知識が大きく役立っていると思います。12月には学校の夏休みが約3週間あり、私はブラジル人の友達と一緒にオーストラリアの5カ所を旅行しました。3週間という長いようで短い旅行は、今までに経験したことのないようなアクティビティに挑戦したりととても良い思い出にもなり、私の語学力も向上にもつながったと思います。そして文化•宗教•思考の違いについて討論し合うことで、日本の常識がいかに堅く、他の国の人からみると理解できないものがあるということを学びました。そしてグローバル社会では、私自身も柔軟な思考が必要だと気づかされました。

今後の生活に柔軟な思考を加えることで、外国人とのコミュニケーションを上手くとることにつながり、より良い関係が築けるのではないかと思うので、さらに異文化交流をし多くのことを学びたいです。私の周りの友達は、英語のレベルが私より遥かに上です。よく考えてみると彼らは、失敗を恐れずに意見を述べたり、積極的に誰とでも会話を始めます。彼らを見習い、残りの約1ヶ月は、オーストラリア人などのネイティブスピーカーが話す英語が聞き取れるようになるためにも、ホストファミリーや地域の人、店員さんなどと積極的に会話をし、ネイティブスピーカーが話す英語のスピードに慣れることや、言い回しなどを学ぶことにも力をいれたいです。普段は語学学校の友達と会話をしていて、わからない単語や言い回しが会話の中で出てくることがほとんどありません。しかし、いざネイティブスピーカーと話すと緊張もするし、英語が理解できないこともあります。残り少ない1日1日の大切に過ごし、悔いの残らないように、できる限りの努力と挑戦をしたいです。


Back